おっぺ川

埼玉県
越辺川周辺の釣り場と越生町毛呂山町(完結編)



越辺川
おっぺ川は古くからヤマベ釣り(オイカワとも呼ぶ)のメッカです。

越生町から毛呂山町、川角、西戸、そして、鳩山町内を流れ、100〜300匹など、桁外れの釣果を常にもたらしてくれた実績のある川です。

他種の淡水魚が。

大谷木川との合流付近にある松貫橋の上下は往年の名ポイントで、ヤマベの他にも、フナ、クチボソ、コイなど、多くの淡水魚が見られました。

現在は以前ほどの魚影の濃さは薄れてしまいましたが、それでも、越生の山吹大橋や、鳩山町の今川橋周辺などに、ヤマベやハヤ狙いの釣り人の姿を見受けられます。(埼玉西部漁業協同組合 400円程度の徴収あり。)





八高線の毛呂駅



鎌北湖(毛呂山町)
大谷木川の上流にあるミニダム湖、改修工事の前は、ワカサギを放流していた時期もありましたが、現在はヘラブナ釣りのメッカとして親しまれています。

外秩父のドライブ拠点です

桜の花見の時期や、紅葉の時期は、湖畔を散策して周れるなど、落ち着いた面もあります。

奥武蔵グリーンラインを経て、黒山三滝や顔振峠、吾野へも抜けられます。(野生動物に注意。)


みのわだ湖(毛呂山町)へら釣り詳細
鳩山町の気象台近くにあり、一年中ヘラブナ釣り専門の管理釣り場となっているのでファミリーで遊ぶには不向きです。湖から流れでる用水路にも魚影はありません。





越生の梅林(越生町)
2月中頃に開花、営業開始。3月上旬まで散策やピクニックが楽しめます。梅林内の河原は釣り禁止です。

梅園の上流には黒山三滝もあり、売店も出ています。

黒山三滝


全国から毛呂山に大集結!!
70〜80年代、看護学校が全国的に無かった時代、全国から毎年数百人の女学生が、田舎町の一角で寮生活を始めた事で、毛呂駅を中心にバブル的な過熱が到来。

ディスコ&ライブハウスも!!
店のスグ裏手の山はクマが出没する奥武蔵エリアにもかかわらず、まさかの賑わいをみせた時代がありました。

現在は当時の賑わいはありません。八高線の停車駅で、関東平野とは思えないロストワールド感が漂います。






川島町・タナゴ釣り

高麗川・太田ヶ谷沼と小畔川


釣り情報PRESS