2018' 11/22 余呉湖のワカサギ釣り解禁
余呉湖ワカサギ釣りの写真
京都や大阪方面のフリークも集う人気釣り場

釣り解禁日
11月下旬頃〜 翌年3月まで

桟橋の入場料
大人1.400円、中学生以下800円
ドーム船利用+600円
朝6時〜5時

レンタル釣り具
ビジターセンターにて、わかさぎ釣具の販売あり。竿1.500円、仕掛け400円程、赤虫・サシ200円程。

桟橋のルール
火気の使用や、燃えカスが出る燃料の使用は厳禁です。他に、まきえ類と大型リールの投釣り禁止。




余呉湖ワカサギ釣りと「北近江の雪景色

滋賀県の余呉湖は、北近江の自然に囲まれ、四季を通して抜群の景観です。シーズン中は、雪化粧した山々に抱かれてワカサギ釣りが楽しめます。

関西方面の人気釣り場で、週末には多くのワカサギフリークで賑わいます。

余呉湖ワカサギ釣りのポイントmap

余呉湖のワカサギ釣り方
ワカサギ釣りのポイントとなる釣り桟橋は、50〜60人収容の「江土桟橋」と、ビジターセンター正面、500〜600人収容の「川並桟橋」の、二つです。

バケツやタッパーだけは各自持参下さい。

ビジターセンターでは、餌や仕掛けの販売もあり、初心者さんが手ぶらで来ても楽しめます。

ベストシーズンは年末年始から2月末頃!!

解禁日の直後、まだ水温が下がり切らないうちは、好不調の波が激しいこともあります。

水温が8度前後になる頃からペースが上がり、水温が5℃を切る12月末になると、釣果も安定して来ます。

寒さ対策は念入りに!

女性や子供でも、寒さ対策さえしてあれば、手軽チャレンジでき、回遊が回ってくると、一つの仕掛けに、4匹、5匹と、鈴なりになって釣れて来ることもあります。

1月下旬にもなると、抱卵したワカサギも多く「さらに美味しくなってくる」と人気です。




わかさぎ釣りのタックル・仕掛けのセッティング

用意する竿は、結氷していないシーズンなら、3〜4mのノベ竿、または、1〜2m程度のリール竿と、小型リールの組み合わせがあればOKです。

他に、手繰りや、やや長めの竿に広めのタナが探れる仕掛けをセッティングして、沖目の中層を探り釣りするのも有効です。

結氷後は小回りの利く短い竿で!!

桟橋周辺が完全に結氷している時は、短目のリール竿や手繰り(手バネ含む)の用意もあると、氷を割るのを待たずに開始出来ます。

針(仕掛け)は、1.5〜2号程度の7本針のタックル、餌は、赤虫と紅白サシを用意すると良いでしょう。サシは、小型バサミでエサを半分にカットするか、切り込みをして針付けし、サシが透明でショボショボにならないうちに、新しい餌へ交換する事を心掛けると、釣果UPへと繋がります。

「底釣り」が一般的です。

両桟橋のポイントは、一部の岸寄りを除いて、水深は3〜3.5mあり、オモリを底に付けての「底狙い」が一般的です。

サソイ方も、上に引くだけのサソイだけでなく、少し仕掛けを緩めてあげてから元に戻すという、逆パターンのサソイ方も有効です。その際、仕掛けのトラブルを防ぐため、竿先5〜6cm程度の下げ幅くらいから試してみると良いでしょう。

防寒対策は必須です!!

釣り場の桟橋では風を遮るものは全くなく、シーズン中は、粉雪舞う中で、釣りになる日も多いので、特に、お子さんや女性には、充分に充分過ぎる程の防寒対策をしてあげて下さい。




余呉湖 ワカサギ釣果情報 18〜2019'
2018'12/2() 
解禁から2週間目、川並桟橋、良い人で200匹台。全体では平日50100匹、休日50〜60前後の方が多いです。

江土桟橋も釣れない事は無いですが、しばらくは好調な川並桟橋への入釣がベター。

冷え込みが増せばタナも安定して、まだまだ釣果も伸びそうです。
2018年11月22日
余呉湖のワカサギ釣りが解禁します。


http://www.zc.ztv.ne.jp/yogoko-g/
余呉湖漁業組合(解禁日)0749-86-3033


☆初めてのワカサギ釣り方入門





余呉湖のアクセスマップ
福井県、京都・大阪方面より、北陸道「木ノ本インター」より余呉町方面へ。滋賀県長浜市。

電車
東海道本線経由なら米原からJR北陸本線「余呉駅」下車。徒歩5分。


☆入鹿池のワカサギボート釣り
西日本、愛知県のワカサギボート釣り。

☆佐仲ダム桟橋 ワカサギ釣り
兵庫県のワカサギ釣り場。





ワカサギ釣り情報PRESS
ワカサギ釣りドーム船の釣り方、氷上ワカサギ釣り