田子倉湖の釣り情報

田子倉湖の釣り情報

釣り解禁
9月〜11月がベスト。紅葉シーズンは10月上旬〜。

釣り料金
ワカサギ 入漁料 600円 現場売 900円
イワナ・ヤマメ 1.000円 現場 1.500円程

レンタルボート
貸しボートは完全予約制です。4〜5人乗りのタイプ14〜19フィート、レンタル料金は10.000〜15.000円前後。

橋本0241-82-2008 酒井0241-82-2421
鈴木0241-82-3259 会津0241-82-3223
鈴屋0241-82-2414

マイボートの持込み料金 1.800円
旧 田子倉駅手前の只見沢に架かる橋下の傾斜から降ろせます。

人里離れた秘境のダム湖。
透明度が高い田子倉湖は釣りファンを魅了するパラダイス。ワカサギ釣りに、マス、フナ・コイまで、ボート釣りで楽しめます。





田子倉湖の生息魚種
イワナ・、サクラマス、ワカサギ、コイ・ヘラブナ・ハヤ、の釣果報告があります。


ワカサギ釣り
例年9月上旬頃から紅葉が終わる11月頃までが、わかさぎ釣りのピークです。

広大な湖ですが、それに負けず、ワカサギの数は想像以上に豊富で良型も多く、奥只見湖(銀山湖)と同様、上流に民家がないので水質も別格です。

ボート釣りがメインです。

ポイントは、ダムサイトから上流2km圏内までの、只見川の本流筋「あいよしの滝」から、白戸川の「中島」までにある、大小のワンド内です。

魚探で気配を確認しながらロープ付け。

舟はワンド湖岸にある、木や岩を利用してのロープ止めですが、大きなワンドもあるので、70〜100m前後のロープがあるとポイント選択幅が広がります。

タナは7〜12mを中心に、ロープの前後を移動しながら、ワカサギの群れを探ります。

好ポイントに当たれば大釣りに!!

竿は1〜1.5mのリール竿や、5〜6mのノベ竿(鮎竿・へら竿等)で、餌はカットサシが有効です。

ひとたび好ポイントに当たれば、1000匹を超す釣果に巡り会える潜在的パワーを秘めた湖です。

アブがブンブン!!
気温の高い時期は、アブが多く飛んでいる年もあり、ボートの上で「一休み」しようと、人にも寄ってくるので、防虫ネットや手袋があると便利です。


ワカサギにサクラマスやイワナが食いつく事も
10/1〜3/31まではサクラマス・岩魚は禁漁期間なので、もしも、針に掛かってしまった場合は、リリースをお願いします。





日本の秘境 田子倉湖
田子倉湖は、年によって釣果に差がありますが、積み重ねてきた稚魚放流と自然繁殖によって、かなりの魚影が保たれています。




東北・田子倉ダムへのアクセス
関越道「小出IC」から、17号、252号経由。六十里峠を超えた先で田子倉湖の上流部にでます。閉鎖された「旧 田子倉駅」を通り越して、10分先にあるトンネル手前を鋭角に曲がって湖畔に降りると、船着場があります。予約時に詳細を確認して下さい。(福島県 南会津郡只見町)





ワカサギ釣り情報PRESS
東北の釣り情報、氷上釣り。