松原湖・長湖の氷上ワカサギ釣り 2009年の過去データ(解禁から禁漁まで)
2009
2/25

2009'松原湖(猪名湖)の氷上ワカサギ釣り終了しました。
※氷上へ立ち入る事は出来ません。
2/16

松原湖猪名湖氷上ワカサギつりが楽しめます。
16日より強い寒波が到来していますので、まだまだ楽しめそうです。晴れた日には八ヶ岳を一望出来ます。立ち入り制限をしてある区域がありますので、釣りの前に必ず下記売店へ寄って案内を聞いて下さい。
立花屋 0267-93-2201  宮本屋 0267-93-2432
2/13


長湖の氷上わかさぎ釣りは終了しました。
遠方からお出掛けされる方は、現地の売店までお電話で状況を確認して下さい。
立花屋 0267-93-2201  宮本屋 0267-93-2432
2/11

日中気温・1-2℃  6-7cm多い  20〜30匹くらいの方が多い。
各ポイントとも渋い状態です。近くのポイント同士でも、0100匹前後までと、釣り人の経験の差が、顕著に釣果を左右しています。高感度の穂先を使用していても、アタリは小さく、アワセも難しい状況です。猪名湖の氷の状態は、まだ来週も持ちそうですが、下手の長湖では見た目以上に氷厚が薄くなっている場所もあるようです。今年は雪が少ないので、ともに歩きやすい状態です。(レポート)
2/5
(木)
日中気温・3℃  5-8cm多い  全体平均30〜60前後
穏やかにれたため、体感的にはだいぶ暖かく感じられる陽気になりました。ポイント差はほとんど無い状況ですが、いずれも当歳魚が非常に多いため、針掛りが良くなく、1号程度の針で、ラビットも3つにカットするのが主流です。(小型のハサミを用意)。解禁からそろそろ1ヶ月経ち、初心者の方には、やや難しい釣況になりつつありますが、エサがフヤケてしまう前に交換しながら、飽きることなくコツコツといを続けられれば、まだまだ楽しめると思います。
1/31


平均気温・2℃  10〜200前後
昨夜からの雨雪で全体的に氷上がぬかるんでしまい、歩きにくい状況でしたが、氷厚は平均30cm前後と万全です。夜になり気温はすでにマイナスになっていますが、明日は長くつが必需品となりそうです。釣果の方は、「旧松原館前ロープ」「たぬき屋前」「藤棚」の他、最深部となる「姥の懐まわり」7m前後の底など、特に目立ったポイント差はない様子でしたが、全体的に解禁の頃と比べると、食いは渋くなっています。本日は天候が良くなかったためベテランの釣り人が多く、平均釣果を押し上げたか、50-80匹前後と、まずまず。
(ワカサギ釣り情報PRESSレポーターより)
1/25

1/26より氷上釣りエリアが拡大されます。
平均気温・-4℃  10〜250前後
これにより一部を除くほぼ全ポイントで氷上釣りが可能になります。新しく拡大されたポイント「藤棚」の岸近くは湖底のカケアガリ傾斜が強いポイントなので、氷上でたった3m離れただけなのに、水深が結構違うポイントもあります。そのため数珠つなぎで釣れている穴のスグそばで、全くアタリが出ない事もありますので、釣れている深さと「同じラインの深さ」に入るのが吉。
松原湖 釣具レンタル立花屋 0267-93-2201
1/21
(水)
平均気温・-1〜-5℃  10〜150前後
猪名湖 あいかわらず「旧松原館沖」「たぬき屋前」「藤棚」などの本命ポイントが安定しています。ここ数日のトップ釣果は150匹前後。反応(アタリ)はあるが、合せが少し難しくなっている様子。それでも初めて挑戦された方が、2時間で20匹超など、良い穴に当たれば短時間でパタパタと釣れ続く事もあります。今週末から寒波が来るようなので、初めての方は防寒対策は厳重にお願いします。
(ワカサギ釣り情報PRESS)
1/18



週末の平均気温・-2℃  10〜200前後
猪名湖は解禁直後の盛況にくらべれば、釣果もひと段落してきた様子。時間によって群れのタナが若干変動しているものの「旧松原館前ロープ沿い」や「たぬき屋前」の5.5m〜7m前後の底(平地)が最も安定した釣況となっています。ワカサギの群れは底と、底から2.5m位の層を行ったり来たりする様子が、魚探でも確認できるはずなので、どちらにも対応できる仕掛けの用意があれば、なお便利です。
長湖の方は、だいぶ釣り人もまばらにはなりましたが、クビレ付近で良い穴を見つければ、1日中アタリが続きます。水深が2m強と浅いので、一気に仕掛けを底に着けず、ゆっくり誘うように仕掛けを落とし込んでみると良いでしょう。宙層でもコツコツとアタるようでしたら、その日の本命ポイントとなる可能性もあります。なるべく足元への振動に注意しながらトライしてみて下さい。餌は共に本ラビや紅サシが有効です。
1/11

好調猪名湖長湖。連休中は釣果も天気も快晴の見込み。
解禁日の1/10、翌1/11と、全体平均で時間30〜50匹ペースで釣れています。狙い目は6-9mラインまでのなら、ほとんどポイントによる差もないようです。エサはラビットや紅さしが有効です。数日は今の調子が継続すると予想されます。長湖の方は猪名湖の解禁に合せるように釣り人が少なくなりましたが、水深が浅い分、警戒心が薄れたか、型の良いものが平均100〜120匹前後は釣れています。
1/9
(金)
1/10(松原湖(猪名湖)氷上ワカサギ釣り解禁
松原湖本湖の猪名湖のほぼ全域で氷上ワカサギ釣りが解禁されます。開始は午前6時30分。群馬県での解禁が伸びたため、連休中はたいへん混雑が予想されます。小さなお子様も多いと思われますので、駐車場内でのお車の移動にも充分注意されて下さい。
(ワカサギ釣り情報PRESS)
1/8
(木)
長湖ワカサギ釣りの状況
型はマチマチですが、畑下や湖のクビれ付近を中心に、50〜150匹。なかには2束近いペースで釣られる方もいます。1/9には松原湖(猪名湖)にて氷厚調査がありますので、最短1/10に部分的でも氷上釣り解禁になる可能性があります。
2009
1/4

長湖の一部で氷上ワカサギ釣り解禁
1日頃の寒波より全面凍結。1/3長湖の一部で氷上釣りが可能になりました。釣果は4-5cmの当魚が多く、平均50匹〜70匹。150匹超の方もいます。今後氷厚が増せば、長湖全域で氷上釣りが可能になります。
松原湖(猪名湖)も全面凍結になりかけています。

07年の松原湖ワカサギ釣り過去データー







ワカサギ釣り情報PRESS 松原湖わかさぎ釣り方


松原湖 わかさぎ釣り(氷上ワカサギ釣り)