金山湖ワカサギ釣りイトウ

北海道・南富良野町 かなやま湖の釣り情報

かなやま湖イトウとトラウト

かなやま湖の生息魚
イワナ、ニジマス、アメマス、イトウ、オショロコマ、ワカサギ

ワカサギ釣り解禁日
1月上旬頃〜3月上旬頃

釣り料金
無料

釣り具レンタル
釣り具一式を各自ご用意下さい。

どんな湖なの ?
空知川を堰き止めた人造湖です。





ワカサギ釣り
氷上つり期間中の週末には、鹿越大橋付近のポイントで、手ぶらで遊べるガイドさん付き、わかさぎ釣り体験のテント小屋が設営されている事もあり、費用は掛かりますが手軽に遊べる一面もあります。

細心の注意を!!

しかし基本的には、かなやま湖の氷上に出るのは「自己責任」なので、全体的な氷の状態や、足跡の軌跡、スコップの跡など、正確な状況の判断が求められます。

おすすめは昼までの釣り

金山湖では夜間の立ち入りに制限がなかったりする事で、氷上にマイテントを張ったまま楽しまれる方もいますが、充分な知識と経験を持ち合わせていない場合は、朝から昼まで釣りをお勧めします。

仮眠に気をつけて!!

テント内での七輪の使用は、一酸化炭素中毒の事故報告が毎年ありますので、換気はもちろん、テント内で仮眠してしまわないよう注意されて下さい。



イトウ

脈々とDNAを引き継いできた、超大型イトウの生息の噂があります。

シーズン中は、湖畔のオートキャンプ場やログホテルに滞在しながら、ポイントからポイントへと、おもうぞんぶんに、イトウを追えるフィールドです。

幻の希少種「イトウ」については、地元の南富良野町が、独自の保護条例の基に努めてますので、キャッチ&リリースが推奨されます。


トラウト類

金山湖を含め、空知川の支流でも、イワナ等の渓流魚が手つかずの状態で広く生息しています。





☆北海道のワカサギ釣り
2019年シーズンの釣り関連情報。