羽鳥湖の釣り。
福島県 羽鳥湖の釣り情報

解禁日の目安


生息魚
へら鮒、ヤマメ、イワナ、ワカサギ、ブラックバス。少数ながらトラウト類も生息。


釣り料金
日釣り券 1.050円 現場売り500円増
朝6:00〜4:30

レンタルボート
桟橋から観光用としてあり。

釣り具レンタル
道の駅 羽鳥湖高原でレンタルあり。
ワカサギ穴釣り釣具セット 1.300円
テント(4人用)2.700円、ドリル 800円、ソリ600円程

羽鳥湖は どんな湖なの ?
那須からの清流を、羽鳥ダムで堰き止めた湖です。

ヤマメや岩魚、数こそ多くはないものの、鱒・トラウト類など、多彩な魚種が脈々と生命を繋いで来た自然豊かな湖です。




氷上ワカサギ釣り
解禁日は、例年1月下旬以降で、駐車場下から突き出した桟橋から氷上へアクセス出来ます。

ポイントとなる場所の水深は10m以上あるので、小型の電動リールが便利です。

継続的にワカサギの稚魚放流を行っているので、当歳魚の他、二年魚、三年物と、良型の群れに遭遇することもあります。



ヘラブナ釣り
5月のGW前後に乗っこみ開始。ワンド奥の障害物周り、竿10〜12尺前後の底釣りで実績が高い。

梅雨明け7月以降は、やや沖めを回遊するヘラブナを、宙層で狙い打ちしたい。

用意したい竿は18〜21尺前後で、夏場なら3本程度のタナから探りを入れると良いでしょう。

桟橋等の釣り座は無いので、釣り台は必須。長靴もあると便利です。


夏の五目釣りとブラックバス釣り
スモールマウスバスの影響もあるのか、自然繁殖を中心として生息していたヤマベ、ハヤなど、夏の小物釣りは、少々趣が欠け始めた感もあります。

定期放流の行われている、ワカサギは、秋口以降の朝夕など、おかっぱりの竿でも針掛りして来ます。





注意確認
転落事故防止のため、釣行前に、必ず氷上のシーズン中か、確認をお願いします。

氷上の解禁


☆天栄村観光協会
https://facebook.com/tenei.kanko
http://www.ten-ei.net/
0248-82-2117

南会東部漁業協同組合
0241-67-4555


羽鳥湖へのアクセス
東北道、須賀川インターまたは、白河中央スマートICから羽鳥湖高原を目指す。

釣り専用の駐車場は、羽鳥湖畔キャンプ場から、羽鳥ダム方向へ、1キロほど進んだ先です。





ワカサギ釣り情報PRESS
ワカサギ釣り情報 ドーム船、氷上ワカサギ釣り