羽鳥湖 (福島県・天栄村)※羽鳥ダム はとりこ hatoriko
羽鳥湖の釣り。



氷上ワカサギ釣りの解禁日は、例年1月下旬以降となります。
氷の状態によっては3月上旬頃まで楽しめます。


生息魚 へら鮒、ヤマメ、イワナ、ワカサギ、ブラックバス。
少数ながらトラウト類も生息。
氷上の解禁
羽鳥湖周辺の天気と気温
羽鳥湖の地図 yahooマップ
入漁料金
遊漁券
日釣り券 1.050円
現場売りは500円増
午前6:00〜午後4:30
他、駐車場料金 700円。(冬場に行う除雪の協力金になります。)
貸ボート 桟橋から観光用としてあり。
ワカサギ
レンタル
道の駅 羽鳥湖高原でレンタルあり。0248-85-2547
ワカサギ穴釣り釣具一式(竿、仕掛け、餌等)1.300円
テント(4人用)2.700円、穴あけドリル 800円、ソリ 600円ほど。
羽鳥湖の所在地と管轄 所在地 福島県 岩瀬郡 天栄村 字羽鳥

管轄は南会東部非出資漁業協同組合 0241-67-4555
(冬期の臨時事務所は 0248-84-2611)



羽鳥湖の釣り情報

羽鳥湖は、那須、甲子山の北東斜面から沸き出でる清流鶴沼川を、羽鳥ダムで堰き止めたダム湖で、ヤマメや岩魚、数こそ多くはないなりにも、鱒・トラウト類など、多彩な魚種が脈々と生命を繋いで来た自然豊かな湖です。夏場には桟橋付近のボート乗り場から湖面へのアクセスも可。今後は、カヌーカヤックの乗り入れや、レンタルの運用など、観光面らについても期待したいところです。なお、ボートを利用しての釣りについては、直接ボート乗り場までお問い合わせ下さい。


氷上ワカサギ釣り
震災でトラブルの出ていた、ダム用水路の配管の補修工事も完了し、じょじょに水位も回復。2015年には待ち望んだ氷上ワカサギ釣りも無事に解禁を迎える事になりました。ワカサギ釣りでは、駐車場下から突き出した桟橋から氷上へアクセス出来ます。ポイントとなる場所の水深は10m以上あるので、小型の電動リールが便利です。工事中断をしていた期間から、継続的にワカサギの稚魚放流を行って、釣り場再開に向けての準備を進めていたため、当歳魚の他、二年魚、三年物と、運がよければ良型の群れに遭遇することもあります。

注意確認
転落事故防止のため、釣行前に、必ず氷上のシーズン中かどうかの確認をお願いします。


ヘラブナ釣り
5月のGW前後に乗っこみが開始。ワンド奥の障害物周り、竿10〜12尺前後の底釣りで実績が高い。梅雨が明けて7月以降は、やや沖めを回遊するヘラブナを、宙層で狙い打ちしたい。そのため用意したい竿は18〜21尺前後で、夏場なら3本程度のタナから探りを入れると良いでしょう。桟橋等の釣り座は無いので、釣り台は必須。長靴もあると便利です。


夏の五目釣りとブラックバス釣り
スモールマウスバスの影響もあるのか、主に自然繁殖を中心として生息していたヤマベ、ハヤなど、夏の小物釣りは、近年では少々趣が欠け始めた感もあります。定期放流の行われている、ワカサギは、秋口になると、朝夕など、おかっぱりの竿でも針掛りして来ます。


☆天栄村観光協会
https://facebook.com/tenei.kanko
http://www.ten-ei.net/
電話 0248-82-2117






羽鳥高原へのアクセス
東北自動車道、須賀川インターまたは、白河中央スマートICから天栄村の羽鳥湖高原を目指して登りつめた先で、羽鳥湖畔へ到着します。釣り専用の駐車場は、羽鳥湖畔キャンプ場から、羽鳥ダム方向へ、1キロほど進んだ先です。


最終更新 2017年の夏と2018年の釣り関連情報。
釣り情報PRESS
羽鳥湖の釣り情報で遊ぶ氷上ワカサギ釣りMAPのページ。
ワカサギ釣り情報。湖のドーム船の釣り方や、貸し竿レンタル釣具の案内、氷上の公魚釣りなど。