島根県の春夏秋冬 宍道湖の釣り情報と松江市街(完全map) (島根県・松江市〜出雲市) shinjiko



松江市の市街地や、比較的、出雲市内からも近く、電車や出雲空港からのアクセスも良い宍道湖は、地元の釣り人の他、県外からのフリークも受け入れられるキャパを誇る、島根県を代表する釣り場です。

宍道湖は汽水湖ですが、斐伊川や新建川など宍道湖と接する付近のポイントも睨みながら、春先のフナやコイ釣りに始まり、夏の小アユや白魚、ブラックバス、秋のエビ釣りから、冬のワカサギ釣りへと、春夏秋冬それぞれに趣を持つ釣りが楽しめます。

釣りシーズン 天候に恵まれれば一年を通して楽しめます。
遊漁料金 無料
宍道湖
釣り場案内
釣り方概要

島根県の釣り場
生息魚は、ウナギ,フナ,ワダカ,ハゼ,小コイ,他、多くの淡水魚。

宍道湖へと注ぐ斐伊川水系を中心とした、宍道湖の西端域に広がる水郷地帯など、2月下旬頃から巣離れが始まり、秋近くまでポピュラーに楽しめます。

シーバス釣り(オカッパリ・岸釣りの場合)
ルアーを投げられる釣りの際は、漁師さんの漁具に絶対的な注意して遊ばれて下さい。

周辺MAP 松江市の天気と気温  宍道湖 地図 yahooマップ


ハゼつり
さて、松江市周辺では9月中旬〜10月は、ハゼ釣り(地元では「ゴズ釣り」ともいいます)のシーズン。休みともなれば、あちこちで、ハゼ釣りを楽しむ人を見ることが出来ます。

ハゼは、この時期、湖岸からすぐのところにおり、つり竿、針、えさ(釣具店で売られているアオムシが一般的です)があれば、初心者でも簡単に釣ることが出来ます。体長も10〜15cmと小ぶりですので、小さなバケツがひとつあれば十分。小さな子どもさんがお母さん方と一緒に釣りをする光景もよく見られます。

 釣りの心得がない方も、この時期に開催されるハゼ釣り大会で道具を貸りてハゼ釣りに挑戦してみてはいかがでしょうか。




アマサギ・ワカサギ釣り
竿を出せば、どのポイントでも入れ食いになるほど釣れましたが、近年は、そのワカサギの個体数が顕著に減ったというデータが出ています。同じエサや仕掛けで、モロコ類や雑魚を含めての、五目釣りになるようです。


シーバス釣り
日本海の美保湾から、境水道流域を伝って、中海の大根島を含む、主に中海の北岸ラインを経て、中海の松江港と、宍道湖を結ぶ、大橋川の河口付近までが、シーバス釣りのポイントとなります。その年の微妙な水温の差によって、エサとなる小魚の移動に従い、ポイントも移動していきます。反応の無い場所に入った場合は、粘るよりも早めにポイントを大きく変えたほうが、釣果に恵まれやすいです。





宍道湖へのアクセス
最終更新2016年1月。2016年の釣り関連情報。


釣り情報PRESS
釣り情報PRESS。湖のドーム船の釣り方や、貸し竿レンタル釣具の案内、氷上の公魚(チカ)釣りなど。